« 一楽園大飯店到着。 | トップページ | LOVE西門 その2。 »

LOVE西門 その1。

一楽園大飯店からススム事、5分。西門の繁華街に辿り着きました。そしてそしてそこに着くと必ず目に入るのがコチラ。

蓋酷家族。

_0010021_4

ここは日本のプリクラ等が入っていて、道の脇にはガチャガチャが置いてあるお店デス。ここのなんとも言えないお店の色使いが、人もいっぱい物もいっぱいの西門にでで~~んっとそびえ立っているのです。日本人の私は「ふたこく家族に又来れたね~!」と日本語読みになるのですが。。ここでは台湾の中学生(だと勝手に思ってオリマス。)が、テンション高いままに思う思う楽しんでいます。今迄中学生パワーに圧倒され、中に入った事がなかったのですが、今回初めて入ってみる事にしました。理由はコレ。

映画「六號出口」。

この映画は西門の街を舞台にしてして、西門を愛しているワタシにはたまらない作品です。彭于晏さんや阮經天さん等が出演しているのですが、ストーリーも好きですしなんといってもバックに写る西門の街に感動デス。そのストーリー上に出てくる場所にココがなんと入っていたのです!!!映画を見た時「今度こそ、必ず入らば。。。」と、かたく一人で誓いました。 ので!今回は中に潜入。。。

予想通りのにぎわいと、想像以上のプリクラの量に圧倒されマス。日本のプリクラって凄いんですね。。普通に声とかは日本語でした。画面表示は日本語・中国語どちらなんでしょうね??でも、日本語を話しているプリクラに台湾の女の子達が騒ぎならがワイワイとやっていると、なんだか嬉しい気持ちになるのはなぜなのか。。

次に見えるのが、このお店の反対側のコチラ。

_0010022_2

コチラの色使いは、先程のお店と反対で青々してます。ここのスポーツクラブで走りながら西門の街を眺めてみたいです。贅沢です。日時は金曜日の夜10時過ぎ。普段も活気ある西門ですが、この時間帯は更に更に元気な街になっています。道路のまん中に屋台が出て、学生達が色々と頬張っております。そしてそして、無許可なのか警察がくると一斉に逃げるのです。もうほんと一瞬で。。。そして数分後には、何ごともなかったかの様に営業再開。すごいです台湾パワー。この現象は夜市でも良くみかけるのですが、いなくなった瞬間今迄歩きにくかった道路がすいすいっと。。このような事が毎日起こっている台湾。強いです。

先程紹介した「6 出口」。これは六本木で行われていた台湾映画祭の時に観たのですが、「DVD欲しいなぁ」と思っていました。そうしたら!台北駅の地下街でひょっこり発見!!!!!!興奮して即買いました。が、リージョンが違うので未だ観れてません。でも、このDVDの表紙を観ているだけで癒されマス。。。

蓋酷家族  http://www.kaicool.com.tw/tw/index.php

蓋酷家族非常可愛!!

(camera : GRdegital)

|

« 一楽園大飯店到着。 | トップページ | LOVE西門 その2。 »

台北アレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125773/25387737

この記事へのトラックバック一覧です: LOVE西門 その1。:

« 一楽園大飯店到着。 | トップページ | LOVE西門 その2。 »