« 西門から龍山寺! | トップページ | 龍山寺周辺〜。 »

龍山寺!

今日はつかの間の晴れで、気分も良くなりますね!
花粉症には大分悩まされてはいるのですが。。でも気分はいいですね!
皆サマ、コンバンワ。

さて今日は、台湾のお寺といえばの「龍山寺」をアップ致しマス。
「龍山寺」は、以前「世界ふしぎ発見!」の時にもちょっとご紹介しましたが、
今回はもう少し(ほんの少しですが)掘り下げて、、、という事で。

まずは、コチラ。

_0010144

はいっど〜〜ん。
龍山寺の正面です!天気いいなぁ。。

龍山寺の最寄り駅は、もちろん「龍山寺駅」なのですが
地下から上がってくる感じなので、実際に「一番出口」を出ると龍山寺よりも
公園に出るっという感じです。

そして!!これが一番西門の風景と違うのですが、
公園のベンチというかそこかしこに、年配の方がいっぱい!!!!!!!!
何を待っているとかいうのでもなく、皆サマそれぞれぼ〜〜〜〜っとして
思い思いに時間を過ごされているのデス。
それがまた旅行者には異様な雰囲気で、ちょっと圧倒されマス。。。

っという事で年配の方々の間を通り抜け、いざ龍山寺へ。。

_0010141

龍山寺の中に入ると、人がいっぱいです!!
もちろん日本の方も多いですよ〜。(あぁいい写真が無いっス。涙)

龍山寺は平日であっても、いつも人が沢山います。
朝からお経が聞こえて、お線香の煙もモクモクとあがっております。
そしてワタシがいつも気になるものがコチラ。

3img041
日本のお線香って小さいし細いですよね。こちらは長くて太いです!
いつも思うのですが、後ろの方がお辞儀をする瞬間に
前の方の背中にお線香の先があたらないのかな?ってハラハラしちゃいます。
それぐらい混んでいて、それぐらいお線香が長いんですよね〜。

調べてみますと、台湾や中国で使われている「竹芯香(細い竹ひごに
線香の生地を練りつけて固めたもの)」がお線香の起源みたいですねー。
日本はその伝わってきたお線香を改良したものという事でしょうか。なるほどー。
香りなども、日本のお線香とは違うなぁっと思っていたけれど、
材料もちょっと違っているみたいですね。
あの台湾のお線香の香りって独特で好きなんですよね〜。異国を感じる香りです〜♥

そしてワタシが、龍山寺で一番興奮したものがコチラッ!!

_0010139

おぉぉ素敵!!
山水画の様な絵が、壁に描かれているのですよっ!

_0010140

すごくすごく中華を感じマス。
おじさまの眉毛がとても長く見える、、、長すぎ!!

この方たちは、どのような方たちなのでしょうか。。。
台湾ズキなのですが、歴史にはかなり弱弱なので分からないです。。スミマセン。

ワタシは小学生の頃、なぜか「山水画を描いてみたい」っという漠然とした夢を
持っていた事がありまして、、、。山水画らしい山とか、人物とかを見ると
変にテンションが高くなってしまうのですが、まさか龍山寺でこのような壁画に出会えるとは!

感激もひとしおでゴザイマス。

次回は龍山寺周辺のイラストアップ!!!!が目標デス。

Banner_br_sakurabird
↑台湾には花粉症が少ない(無い?)と聞きマシタ。
 そんなの聞いたら余計に行きたくなりますよっ!
 クリックして頂けたら、嬉しいデス。

|

« 西門から龍山寺! | トップページ | 龍山寺周辺〜。 »

台北アレコレ」カテゴリの記事

コメント

ムリリンさん、コンバンワ〜!!
確かに同じアジアとは思えない、キラビやかな
雰囲気ですよね〜台湾のお寺って。
日本の方が珍しいんですかね?香港とかも
結構きらびやかなイメージありますもんね。
あのど派手感は圧倒されますよね。神様のバックも
キンキラキンキラと、電飾とか使われていて
最初見た時は本当にビックリしました。

確かに、小学生が山水画って、、、渋すぎ。。
実際にそんな子いたら、つきあいにくそうですね。。汗

投稿: lotta | 2009.03.06 18:07

龍山寺、日本のお寺とはまったくもって性質が異なる感じがしますよね。
装飾やお供え物の花もみんな派手派手で、お祈りをする人たちも皆すごく熱心で・・・・
お寺までもがパワフルというか、さすが台湾ですね~。

それにしても小学生の頃に山水画に興味を持つなんて
lottaさんはえらく渋い感性を持った子供だったんですね(笑)

投稿: ムリリン | 2009.03.06 03:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125773/28484680

この記事へのトラックバック一覧です: 龍山寺!:

« 西門から龍山寺! | トップページ | 龍山寺周辺〜。 »