« 貴族世家牛排。 | トップページ | 可思客 Cafe COSIC。 »

以利泡泡冰。

最近はずっと「生みの苦しみ」にもがいております。うう〜んと。
そして「あぁ神よ神様よ。ワタシにアイデアの奇跡を与えたまえ〜〜」っと
祈る(願う)日々。
3img663
↑こんな感じに。

最終的には自分で生みださなければいけない事はワカッテイルのですが、
毎回こんな事を考えてしまいマス。だめだめデスナ。
今回も「ぽこっ」といいモノが生まれてくれる事を願いつつ、
ひたすらひたすら頑張りたいと思います〜。
皆サマ、コンバンワ。


さてと。今日も看板話しちゃいますよ〜。
まずはコチラ。


_0010960
↑「阿綠的店」。コチラは以前一度お店の写真をアップ致しましたが
 西門には2店舗あるようで、別の店舗の看板デス。
 やっぱり上げている手が、一瞬カブトムシの頭に見えますね。これ。
 それにしても可愛いイラスト♥
 こんな風に上手くかけたらいいだろうなぁぁぁ。
 イラストを書く事は好きなのですが、いかんせん実力がともなっていない!
 うぅぅぅ。涙


っと若干凹んでしまいましたが、お次の写真はコチラです〜。


_0010963
↑っわぁっ!!!ゆっる〜〜〜〜〜〜〜い♥
 サンタクロースのようですが、それに似合わない日焼け具合。
 さすが南国でございますね。右手ピースしちゃってるし。。
 結構なお年かとおもいますが、それを感じさせない軽快さでゴザイマス。
 1955年創立という事で、結構な老舗だと思うのですが
 このキャラクターが老舗感を一掃してくれております。いいなぁ♥
 「武昌直營店」と書いてありますので、他にも店舗があるのかな?


同じお店をもう一枚。


_0010962
↑コチラのお店の袖看板〜。
 「泡泡冰(ぱおぱおぴん)」と書いてあるので、ふわふわのかき氷屋さんですね。
 だからサンタクロースなのかぁ。。納得。
 でも、その下の「麻辣 滷味」という字が、かき氷と全然結びつかないのですけれど。
 因に「麻辣」は「麻→山椒のような痺れる感じ」で「辣→唐辛子の辛い」とのこと。
 「滷味」は「台湾風煮込み料理」のようなモノらしいです。え?かき氷なのに?

 っという事で店名「以利」で検索です。
 ワタシの駄目だめ中国語によりますと、(読めば読む程わからない)
 貴重な漢方薬を独自の配合で「台湾風煮込み料理」にし、それを冷やした後
 かき氷のようにするようです。そのかき氷は現代人への養生ともなり、
 その味は後を引く事になる。 みたいですよ!!!

深いお店ですね〜〜〜〜。上の漢字を見るとビックリしますが、写真はなんだか
美味しそうなんですよね〜〜〜♪いいなぁ〜〜食べてみたいなぁ〜〜〜。お腹鳴るなぁ〜〜。

日本はすっかり秋めいてきて、かき氷よりも「栗ごはん」!っという感じですが
台湾はまだまだ暑いみたいですから(日本よりも)、このかき氷はいいかもしれませんね〜♪
あぁ食べたい。ぐるるる←お腹鳴り過ぎ。

3img664
Br_decobanner_20090925090739
↑台湾のかき氷って本当〜〜〜にふわっふわですよね♥あーー食べたい。
 あ、でも日本のかき氷もいいですよね♪ 宇治金時とか食べたいなぁ。白玉多めで。
 クリックして頂けたら、嬉しいデス。

|

« 貴族世家牛排。 | トップページ | 可思客 Cafe COSIC。 »

可愛看板」カテゴリの記事

台北アレコレ」カテゴリの記事

地域:西門」カテゴリの記事

コメント

London Caller先生、晩上好!
ロシア語は、形としてとても可愛く見えますので、
ちょっと気になる言葉です。
発音はとても難しそうですけれど!

London Caller先生のなりたい来世が豚とは!^^
面白い発想ですよLondon Callerさんっ!
私はなんですかね、やっぱり普通ですが人間になりたいです!
日本語以外の言葉を話てみたいです〜〜〜っ!!!

投稿: lotta | 2009.10.12 18:03

ロシア語?

ロシア語なら、僕はゼンゼン分かりません...

来世、機会があったら、また勉強したいですね。
でも、来世は豚に成りたいです。

食べてから寝ます。寝てから食べます。
至極幸せな〜
そう思う?

投稿: London Caller | 2009.10.10 06:18

London Caller先生、晩上好!
London Callerさん、やっぱり面白すぎです〜!^^♪
英国バージョンは、優しい感じですね〜♥
世界にはいろいろな言葉の形がありますので、
そうやって探してみると、かなり面白いかもしれませんね♥

ロシア語とか。。。^^

投稿: lotta | 2009.10.09 19:34

ありがとう!

これは英国のABC

V V
o
U

投稿: London Caller | 2009.10.08 23:07

Reiさま、晩上好!
最近は本当に「生みの苦しみ」というものを感じております。
でも、その苦しみが大きい程、良い物もうまれたりして
経験に無駄な事はないなぁと感じるばかりです。^^

Reiさんにイラストを気に入って頂けていて、本当に励みになります♪
もっともっと描いて上手くならないと!っと感じています。

毎回クリックして頂いて、本当にありがとうございます。^^
なかなか上位にはいきませんが、コツコツと楽しみつつ
ブログを続けていきたいと思っています♪

一起加油! 謝謝您!

投稿: lotta | 2009.10.08 18:12

London Caller先生、晩上好!
London Callerさん、面白すぎですよ〜〜っ!!^^♪
思わず吹き出しそうになりました!!

台湾のほうが、やはり可愛いと思います〜〜♥
台湾に一票!
っといいますか、London Callerさんに一票です!^^

投稿: lotta | 2009.10.08 18:07

lottaさん、何ごとも無から創りだすことは大変なのでしょうね、
だからこそ昔から「生みの苦しみ」なる言葉があるのでしょう。

阿綠的店のイラストもいいですが、lottaさんのイラストのほうがずっと可愛いですよ、
目の表情?が心情を訴えていますし、
手足も無駄のない中に、動きがいいと思います。

ところで↑の人気ブログランキングですが、
いつもクリックはしていますが、
今日初めて中身みました。

「我愛台北」 267位に見つけました。
素材提供サイトも参加してるようですから、
こういうところにはかないませんよね。

H・Pやブログ開いていていても、な~んにもしりません。
加油!

投稿: Rei | 2009.10.08 13:31

lottaさん、今晩は。
あの「阿綠的店」の看板の人は面白いですね。

 台湾      日本

一  一    の  の
口  口      も
  凹       
  日        へ

どちらが可愛いですか。

投稿: London Caller | 2009.10.07 06:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 貴族世家牛排。 | トップページ | 可思客 Cafe COSIC。 »