映画

グリーン・ホーネット。

いっや〜〜〜〜〜〜〜〜っ!凄かったですね♥サッカー♥
相変わらずのノミの心臓のワタシには、なかなかの時間でした。
もう怖くて見ていられないっというか見ていない、、、という事も。
でも!優勝が分かってから大興奮〜♪
興奮して、なかなか寝付けない夜となりました。
皆サマもそうでしたか?コンバンワ。




今日は台湾繋がり、、、という事で、先日観てきた映画のお話を♪
ここ最近、ゆっくり映画館で映画を堪能〜っという事がなかなかなかったので
なんだか始まる前から大興奮っ!
観てきたものは、そうっ「グリーン・ホーネット」!!!!
普段はアジア映画の方に魅力を感じているのでハリウッド映画は
あまり観ていなかったのですが、この映画はジェイ・チョウ周杰倫さんが出るので
気合いを入れて前売り券を購入しておりました。



その時に特典で頂いたモノがコチラ。。。




0014799
↑グリーン・ホーネットのポストカードセット。
 左のお方がお目当てのお方でございます♥



そうっ!



0014800
↑ジェイ・チョウ周杰倫さん〜♪
 横向いているし、マスクしてるしで、若干分かりにくいですね。
 なんだか中国語でない所が不思議です〜〜〜っ。




今回の映画は、なんとワタクシの3Dデビュー!!!
どんなものかな???っと期待を膨らませつつ初3Dを観ましたが、
臨場感が増すようで、本当に楽しめました♥いいですね、3D!!!←遅い。。。

映画って結構CMで流れてしまうのが最大の見せ所になっていたりするものも
あったりするのですが(なので期待ハズレという事も多々)、
コチラの映画は全然っそんな事なく、本当に純粋に楽しめました♪

ココ最近(とも言えない期間ですが、、、)「エレクション 黒社会」など
ジョニー・トー監督の映画が多かったので久しぶりに観る英語の映画は新鮮そのもの♪
娯楽というものをたっぷりと堪能できる映画内容になっておりました♥




それにしても〜〜〜ジェイ・チョウさんの英語って初めて聞きました!
最初に話はじめた所なんて、ワタシがドキドキしてしまったりして。。。
ワタシにとってのジェイ・チョウさんの役柄って「頭文字D」の
イメージがとっても強いので、本当に不思議な気分で観ておりました。
(あ、そういうと「頭文字D」も観たくなる、、、)



601

↑3Dのメガネは大きいのですね。(IMAXでした)


っという事で、久しぶり〜〜〜♥の映画は、とっても楽しい時間となりました。
もっともっと沢山映画って観なきゃ駄目ですねっ!!!フンガッ!!!




Bana
↑今回の映画、最後のエンディングでワタシ的の大サプライ〜ズが♥
 
ジェイ・チョウさんファンなら堪らない演出ですね♪
 全然関係ありませんが、クリックして頂けたら嬉しいデス。

| | コメント (4)

西門の話が。

今日はとっても気分がいいですね〜♪
ふっふっふっふ。
しかも今日は金曜日♥ 夜ご飯のお酒も
きっと更に更に美味しい事でしょう♪
ふっふっふっふ。
皆サマ、コンバンワ。




では、この気分の良いままお話の続きを。。。





0011369
↑お!コチラの看板は台湾の珈琲チェーン店
 「珈瑪黑咖啡 GOURMANES 」ですね♥
 このお店には、以前行った事がありますが(その時の話はコチラ)、
 マグカップを集め始めた第一件目のお店なのデス。

 台湾へ行き始めて「台湾のコーヒー店のマグカップを集めようかしら。。。」と
 思い立って、初めて身振り手振りでマグカップを購入したトコロ。
 ここで買う事ができてから、更に更に集めたくなりまして
 最終的には台湾マグカップに囲まれた生活を夢見るまでに。





180

↑つまりこういう事です。


ですので、写真のお店は、思い出深いお店でもあります。
飲食店の入れ替わりが激しい台湾・台北。ここのお店は
ずっと残っていて欲しいなぁ〜♥と願わずにはいられない場所の一つです。







181

↑こんな感じで西門の街も感じれて最高♥
 旅行先に、自分のお気に入りのお店があるって、贅沢ですよね!





お次はコチラ。





0011370
↑こちら世界でご活躍のリン・チーリン(林志玲)さん!
 今は丁度日本のドラマにも出演されていますよね♪
 全てが完璧!!!広告自体が汚れているのがもったいない!!!
 この方の話し方や仕草の品の良さに、とても憧れます♪
 容姿も素敵で、内面も素敵♥ 台湾のモデル界ではずっと第一線で
 ご活躍されているというのが、素晴らしいです。。。





お次はコチラ。






0011375
↑多分美容院の広告だと思うのですが、どうですか?
 台北は美容院の数もとても多いですよねーっ!!!西門の街にも沢山!
 シャンプーなども体験してみたいのですが(未経験です!!!)、
 弱弱なワタシなため、他の「やってみたいリスト」に追いやられ、
 リストからは常に外れております。
 旅行中は時間との戦いなので(という言い訳もしつつ)、やってみたいけど(本心)
 まだまだ無理〜〜〜〜。
 でも、きっと一回行ったらやみつきになそうですよね〜コレ。





182

↑憧れはありマス。自分ソフトクリーム。





お次はコチラ。





0011372
↑きました〜〜コチラ!朝の日差しには似合わない(失礼)、
 「萬年商業大樓」〜!
 コチラは通称「オタクビル」と言われている建物ですが、
 入ると「オタク」というか、すごく「日本っぽい」感じがしました。
 売っているものや、テレビで流しているものなどが日本の物なので、
 「ん?日本?」っと錯覚を起こしそうになるぐらいの雰囲気。
 実際には午前中からも営業しているみたいですが、ワタシが入る時が
 毎回夜なので、勝手に夜のイメージです。
 に、しても、この写真の空は真っ青ですね〜。←急に話が。。。





お次はコチラ。





0011374
↑先ほどの萬年商業大樓の横の道。
 賑やかな看板も気になる所ですが、まずは正面の車に注目。
 コチラは、そうですヤマト運輸の車です。
 台湾では統一速達公司「黑貓宅急便」という名前です。もちろん、
 台湾でもアノ黒猫ちゃんは大活躍♪
 車も制服も日本と同じで、なんだか嬉しい♥

 賑やかな看板を見てみると、9階にある「U2電影館」は24時間営業の
 年中無休との事。写真を見ても、なんだか綺麗そうだし、
 ワタシが今とても気になっている「艋舺(monga)」も上映している様子♥
 予告みるとテンションあがりますね〜〜〜〜っ!!!
 (って見てみると、6/30にDVDになり、それを上映するみたいです)


 こういう雰囲気の映画好きですっ!!!
 色も独特の濃さがありそうで、いいですね〜〜〜♪
 出演されている方も、台湾で今大活躍されている方ばかり♥
 台湾にいて、こういった映画を観る事ができたら、映画を見終わったあとも
 龍山寺などへ行って、思いっきりひたれて幸せ倍増かもしれません。

 台湾で、どっぷり映画。う〜〜〜ん贅沢♥
 あ、西門の話が映画の話に着地致しました。。。



萬年商業大樓(※映画館の営業時間とは別のようです)
----------------------------------------------
営業時間 火曜〜日曜 am11:00-pm9:30
       月曜    pm  2:00-pm9:30
----------------------------------------------


艋舺(monga)
---------------------------------------------------------------
ブログ http://mongathemovie.pixnet.net/blog
予告(先ほどと同じです) http://www.youtube.com/watch?v=Nqj5NyywbMg 
---------------------------------------------------------------


U2電影館(全部で6店舗あるようです)※ポップアップあり
---------------------------------------------------------------
ホームページ http://u2mtv.so-buy.com/front/bin/home.phtml
---------------------------------------------------------------



Bana
↑あ〜〜〜〜今日は本当にいい一日でしたね!!
 サッカー(にわか者で恐縮ですが、、、)の事を思い出すと、
 思わずにやけてしまいます。。。
 全然関係ありませんが、クリックして頂けたら嬉しいデス。

| | コメント (6)

九月に降る風 九降風

好久不見。お久しぶりです。
皆サマ、コンバンワ。


平日はなるべくこのブログを更新していきたいっと思っているのですが、
そうならないのが、コレ現実。
3日ほどオイトマを頂いておりました。
何をしていたかと言いますと。。。

ずーーーーーーーっとMacの前におりました。

3img618_3
↑ここ最近の図。



R0012666

R0012668
↑昨日の朝、あわてて撮影。



こんなに〜〜〜空は綺麗なのに〜〜〜
3img617
↑これ現実。



仕事を頂く事は本当にありがたく、自分の好きな事で働けるとは
贅沢な事でございます。ただ、私の仕事のペースが遅いので、
急に急ぎの仕事となると、こうなってしまうのですよね。。


っという事で、蘇打綠を流しながらひたすら毎日Macの前で
過ごしておりました。


昨日なんとか時間ギリギリで仕上げ、ふぬけになっておりました。
他にもたまっている仕事が多々ありましたが、その仕事を全部持ち出して
行って来てしまいました〜。



R0012677
九月に降る風  九降風



シネマート新宿。62席のこじんまりとした会場です。
あーーーでも画面から中国語が流れると、なんだか癒されますね。

その中でもヒロイン役の初家晴(ジェニファー・チュウ)さんの中国語が
本当に本当に可愛くて可愛くて。。
ふわわ〜〜〜〜んとした話し方にますます癒されました。


撮影場所は台湾の新竹。普段旅行中にいる台北とは違い、
山々が見渡せるなんとなく日本にも近い(と勝手に思った)風景です。
木々等をみると、そこはやっぱり日本とは違う木々なのですが
全体的な風景が楽しくも哀しくもある「ふわわ〜〜〜〜ん」とした雰囲気でした。


映画の中で出てくる歌(学校の卒業歌)「藍色蝴蝶」は、実際の学校でも
歌われている(いた?)ものみたいなのですが、曲も歌詞も本当にすばらしい〜!
これ卒業式で歌ったら、絶対泣いちゃいますよ。。。(動画にも載ってました)


あ〜〜〜〜〜〜やっぱり映画っていいですね♥
さてとっ!!!現実に戻って引き続きお仕事致します〜〜。



Banner_12
↑今回の映画の後は、「毛弟」さんがご登場〜〜〜!!
 とっても素敵な方でございました。
 そしてカメラのフラッシュが本当に凄かったです!!!

 今日は夜9時から「カンフーハッスル」ですね〜♪
 昨日は中国語、今日は広東語、ワタシ幸せ♥
 クリックして頂けたら、嬉しいデス。

| | コメント (4)

エレクション 〜黒社会〜。

今日もどんより〜〜な天気で、ちょっと梅雨のような天気でしたね。
ゴールデンウィークも終わって、今日から通常営業でゴザイマス。
皆サマ、おひさしぶりです。コンバンワ。

ゴールデンウィークは、皆サマどう過ごされましたんでしょうか?
前半は比較的「夏!!!」のような天気でしたが、
後半はどんより〜〜な日が多かった気がします。湿気もしっかりありまして。。


さて、今回は昨日のどんより〜〜な天気に似合う映画を
自宅で鑑賞しましたので、そのお話でも。。。
その鑑賞しました映画とは、、、

エレクション 〜黒社会〜 (2005年香港)!!

こちらの映画は、以前ブログでも紹介しました香港の奇才
「杜[王其]峰(ジョニー・トー)」監督の映画でございます。
以前、映画館にて「エグザイル/絆」を観て、そのしっぶ〜〜〜〜〜い世界観に魅了され、
「この監督の映画は全て観ておきたい、、」と以前から思っておりましたので、
天気の悪い日にこそ似合う、重そうなものをチョイス致しました。


主なキャストはコチラです。


・ロク役 -- 任達華(サイモン・ヤム)←シブいっす。優しい笑顔で穏やかさが貫禄に繋がってます。

・ディー役 -- 梁家輝(レオン・カーファイ)←名前は知っていたのですが、演技を初めてみました!


他のキャストも超豪華!

・古天楽(ルイス・クー) ←この方の演技も初めてみました〜♪

・張家輝(ニック・チョン)←「エグザイル/絆」を観て以来、気になる俳優さんです。

・林雪(ラム・シュー)  ←この方が出ていると、なんだか和むんですよね〜♪いい笑顔です!

・林家棟(ラム・ガートン)←インファナル・アフェア以来よくお見かけする方。素敵ですね!

・王天林(ウォン・ティンラム)←この映画ではポイントになっているような。。可愛いお腹〜♥

・邵美[王其](マギー・シュウ)←この映画の唯一の女性です。女性の強さが全面に出ております。


この監督って「映像美につきるな〜〜〜〜〜っ」ていうのが2作品観た感想デス。
香港映画って、このような「黒社会」と言われているものを題材にしているものが
多々あると思うのですが、その中でも自分の世界観をすごく大事にしていると思います。

ストーリーですが、「和連勝会」と呼ばれている組織では2年に1回、選挙で会長が選ばれます。
(英語でエレクションは「選挙」)今回の選挙で名乗りを挙げているのが、ロクとディー。
ロクは冷静で温厚、組織への忠誠心が強い男。一方ディーは荒々しく、暴力的な性格。
会長となった証には「竜頭棍(りゅうとうこん)」という彫像を受け取る事ができるのですが、
その証を巡って、様々な争奪戦が始まる事に。。。っといった感じです。

この映画って本当にキャストが豪華です。皆さん本当〜〜〜〜〜にお芝居が上手い。
レオン・カーファイさんの演技を初めて見たのですが、魅了されました♥
あ〜〜〜〜〜〜香港映画ってやっぱりいいですね♥♥ そして広東語がカッコイイ〜〜〜!!
そしてこの映画もやっぱり男くさい〜〜〜っ! 男性美って事でしょうか。

「黒社会」という題材にありがちなモノって、この映画には出ていないと思います。
でもないからコソの現実感とか、説得力がある気がします。
そして、食べ物のシーンが本当に多いのですが、その映像の綺麗さといったら!!!
流れる曲もすごく良くて、どっぷ〜〜り映画の美につかる事が出来ました。

3img116

ただ一つ言いたいのは、、
2回観ないと全部が楽しめません!!!

映画の始まりが妙に詳しい話だったりして、人間関係がサッパリなワタシは、
最初全然入り込めませんでした。。なので一度映画を観て、人間関係を把握して
再度観てみましたら、超〜〜〜〜〜〜〜〜面白かったです♥♥ 

そして、、、最後の終わりが、、、、。

っと観た直後は脱力感いっぱいだったのですが、今日ネットで調べてみましたら
「黒社会2 以和為貴 (エレクション2)」という文字を発見!!!
なるほど〜〜なるほど〜〜納得です♥ 楽しみが増えました〜〜。

っと思ったのもつかの間、この2の日本語訳はないのですか??
広東語だけでは、、無理っす。。涙

エレクション

Banner_12
↑香港映画がもっともっと日本で盛り上がりますように。。
 レンタル店でも、もっともっと盛り上がりますように。。
 そして台湾映画も♥♥
 クリックして頂けたら、嬉しいデス。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベルベット・レイン 江湖。

今日は晴れていると正に「春」な、天気でしたね〜♪
外を歩くと春の香りが〜っ♥嬉しいなぁ。
皆サマ、コンバンワ。

今日は台湾ブログから外れて、映画のお話デス。
香港映画の「ベルベット・レイン 江湖」〜♪

こちらは2004年に香港で上映され、2005年に日本で
上映されたようです。(ワタシはDVD鑑賞なもので。。。)
こちらは香港ノワールと言われているようですね。

出演はこんなに豪華デスよーっ。

---------------
劉徳華  アンディ・ラウ    ←神ですよね!四大天王の一人デス。
張學友  ジャッキー・チュン  ←こちらも四大天王の一人ですね!
余文樂  ショーン・ユー    ←目が♥♥となっております。
陳冠希  エディソン・チャン  ←いろいろと、コメントしにくいですね。
呉倩蓮  ウー・チェンリン   ←この方(女性)台湾出身なのですね!
---------------

監督はこの映画が商業映画デビューで、この映画で見事賞を
とった黄精甫 ウォン・ジンポーさん。そして、周りの方がもの凄いデス。

---------------
製作 曾志偉  エリック・ツァン  ←とっつぁんです!!
製作総指揮 譚詠麟 アラン・タム  ←この方、いろいろとやって多才な方です。
原案    劉徳華 アンディ・ラウ ←ここから、関わっていたのですね!
〃        トウ・チーロン  ←すみません、あまり分からないです。。。
---------------

こちらの映画は、もちろん!余文樂さん目当てで見たのですが
本当〜〜〜〜〜〜〜〜に、この映画の余文樂は素敵デス♥

3img075_2
そしてそして、映画も本当に素敵です〜♥
ワタシはストーリー以上に映像に見入ってしまいました。
映像美が凄くて、、、勉強になりました!っという感じデス。
なんとなく全体的に湿気を帯びているとか、赤色なのに黒が入っている感じとか
う〜〜〜ん、うまく表現できませんが憂いな感じがあって、好きデスネ。

取り方というかアングル(なんだか上から物言っているみたいですね。。)が、
変わっている場所などあって、不思議〜〜〜な面白さがあります。
それと香港のいろいろな場所で撮影しているので、そこへ行ってみたくなります!
あんなとこ、こんなとこ〜。本当に綺麗に撮られていて魅力的デス。
ただ香港映画って基本そうですか??ちょっと、殴られたり、、その後の映像が
グロいので、ちょっとイタタタタな感じのシーンもありました。

ストーリーは話せません。(ブログ的に意味ないですね、コレ。)ネタバレになってしまいそうで。。
ちょっと話始めると、ストーリーの根本が出てしまいそうです。

一番最初にびっくりしたのは、あの!アンディ・ラウさんが長髪だった事!!
初めて見ました〜〜〜。びっくり。でも似合ってますね。
イメージが違いすぎて、、本当にびっくりです。
そして、アンディ・ラウ様といえば、香港上映時の題字「江湖」は、
彼の字なんですよね〜〜♪多才だわ〜〜〜♪

ワタシは気に入った映画は何度〜〜〜も観れるのですが、これも何回観た事か。。
それにしても、この映画の余文樂さんは本当にカッコイイっす。
はぁ〜〜また観たくなってきたぁぁ。

Banner_br_sakurabird_3
↑香港へ行ったら、映画撮影地ツアーに行ってみたいですね〜♪
 クリックして頂けたら、嬉しいデス。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

頭文字D。

今日は春のような陽気になるみたいですね〜♪
嬉しいなぁ。花粉症はあるけれど。。皆サマ、コンニチハ。

さて!今日は前回の周杰倫さん続きのお話を。。

台湾でアルバムを買って周杰倫さんを気に入ったワタシでしたが、
その次に手に取ったがコチラ。

3img059
頭文字D〜〜〜!! InitialD〜〜〜!!

こちらは日本の漫画が元となっている香港!!映画なのです〜。
確か、この漫画を香港の方が気に入って「再現不可能」といわれた実写を
見事に再現し、日本人役を香港の方や台湾の方が日本で行うという
なんとも不思議かつ素敵映画なのですー。
こちらの映画、台湾や香港でも大人気!!となった素晴らしい映画デス。

ストーリーですが、日本の秋名山の峠をドリフト走行で走り(攻める?)、
スピードやテクニックで競うという青春(なのでしょうか、、)映画デス。

そして、この映画の主役「藤原拓海」役を周杰倫さんが演じられています。
この映画は、今考えてみるととんでもない超豪華キャストとなっております。

藤原拓海 役 ---- 周杰倫 ジェイ・チョウ (台湾)

藤原文太 役(父親) ---- 黄秋生 アンソニー・ウォン (香港)
 ↑カッコイイオジサマです。

茂木なつき 役(彼女?) ---- 鈴木杏 (日本)
 ↑広東語吹き替えも本人で素晴らしいです。

高橋涼介 役 (ライバル) ---- 陳冠希 エディソン・チャン (香港)
 ↑現在芸能休止中ですけれど、素敵な俳優さんですよね。

中里 毅  役 (ライバル) ---- 余文樂 ショーン・ユー (香港)
 ↑大好きな俳優さんです!!ウットリ。。。

立花 樹 役 (友人) ---- 杜汶澤 チャップマン・トウ (香港)
 ↑この方の可愛い演技で、ほんわか致します。

立花祐一 役 (友人の父親) ---- 鍾鎮濤 ケニー・ビー (香港)
 ↑こちらも素敵なオジサマです。

須藤京一 役 (ライバル) ---- 陳小春 ジョーダン・チャン (香港)
 ↑原作の漫画に一番近い気が。。

岩城清次 役 (ライバル) ---- 劉畊宏 リュウ・ケンホン (台湾)
 ↑この方、よく映画で周杰倫さんのライバルとなっております。
  実際には、大親友みたいですね。

こちらの豪華キャスト以外にも、日本で活躍されております阿部力さんや、
今台湾でとても活躍されております田中千絵さんも出演されておりマス。豪華だ〜〜。

そして、こちらの映画の製作・監督が、あの!!!劉偉強アンドリュー・ラウ様なのです〜神!
えぇそうです、インファナル・アフェアの監督様でございマス。
そしてもう一人の監督、麥兆輝アラン・マックさんや脚本の莊文強フェリックス・チョンさんも
インファナル・アフェアに関わっておられるお二人なのですね〜。凄いーーー。

カースタントではタカハシレーシングさまが関わっておられ、いろいろな国の方が
一緒になって作品を作り上げている素晴らしい映画です。

そして違う意味で面白かったのが、日本の設定なのにすべて広東語!!話している内容が
日本の事(撮影ももちろん日本)なのに、皆さんが広東語で話しているのがなんとも不思議〜。
ワタシは広東語が好きなので気にはならないのですが、なじみのない方だとどうなのでしょうか。

でもこの映画、本当にいい映画だな〜〜〜〜って思います。
そして、そう思い過ぎて、、、コレ買っちゃいました。

3img060
↑頭文字Dサウンドトラック 大陸版(だったはず。。)!!!

いや〜〜インターネットって便利デスネ。
これ聴いて車にのると、もの凄くテンションあがります。

ちなみにこちらの映画の主題歌、エンディングの2曲は周杰倫様が作曲されておりますが、
それもまた良し!!!!デス。(周杰倫様のアルバムに収録されています)

実は去年、この撮影現場に行ってみたい!!っと思っていたのですが、ガソリン急騰で
行くタイミングをなくしておりましたので、今年こそは行ってみたいと思います〜♥
2005年の作品なので、随分と時間はたっておりますが。。。。
きっと、現場は大分様変わりしているとは思いますが、「ここに周杰倫さんや余文樂さんが
いたんだなぁぁぁ♥」っと妄想にふけってまいりマス。

藤原とうふ店最高っス!!

Banner_br_sakurabird
↑車に興味のなかったワタシですが、この映画を観て「ハチロク」「FC」「GTR」など
 車種を名前を覚えました!映画の車は素敵ですね〜。
 クリックして頂けたら、嬉しいデス。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

20世紀少年 鑑賞。

台湾に関係ない記事になってしまいますが、、コンバンワ。

昨日の水曜日、祝日だけれど曇りで寒〜〜いこんな日は、映画鑑賞でもしましょうっと映画館へ行ってきました。
観てきた映画は「20世紀少年」!!!

この映画は数年前に漫画を勧められ、一日で一気読みしてハマりました。。
ですが、実は最後まで読めていませんので最後の内容はワカリマセン。
漫画では話は終わっているのでしょうか。。

今回の映画も、おぼろげな記憶をたどりつつ鑑賞致しました。
感想は、、、

面白い〜〜〜っ!!!

の、一言デス!!あの漫画をこのような実写にされた堤幸彦監督を尊敬致しマス!

上映時間152minと映画では長めな方だと思うのですが、その長さを感じませんでした。
どっぷりと「20世紀少年」に浸る事ができました。やっぱり映画っていいですねって思わず言いたくなりまシタ。

ワタシは昔、映画の舞台作りという職業に憧れていた時期がありまして、映画を観ると、背景なども気になってしまって、、、目が回るかと思うくらいにいろいろな所を凝視してました。
そして最後のテロップが流れてくると「ここに載っている人は、どんな気持ちで自分の名前をみるんだろうなぁ」と毎回考えてしまいマス。本当に素敵な職業ですよね!

あ〜〜〜やっぱり映画っていいものですね!

っと改めて思った一日でした。
皆サマなどんな祝日を過ごされましたか?

Illust4
20世紀少年 ←音が出ますので、お気をつけ下さい。

Banner_br_rose

↑台湾では「20世紀少年」の「ともだち」は、やはり「朋友」なのでしょうか。。どなたかご存知でしたら是非知りたいデス。。クリックもして頂けたら嬉しいデス。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「エグザイル/絆(放・逐 EXILED)」。

_0010399

今日も台北ネタからそれてしまいますが。。
先週末の土曜日、「エグザイル/絆(放・逐 EXILED)」を観てきました。
場所は渋谷駅から徒歩15分(坂道で以外とかかりマシタ)、シアター・イメージフォーラム。最初はアンソニー・ウォン特集をしている他の映画館で「インファナル・アフェア3」を観ようと思っていたのですが(dvdもあるのに。。。)、ワタシがよく拝見しているブログでこの映画がオススメされていたし、公式サイトのCMを観てしまったら、「カッコイイ!!!」と「これは必ず観なくては、、、」と、なり行ってきました。

この映画はノワール映画だそうです。ウィキペディアではfilm noirはフランス語で「暗い映画」を意味する。とのこと、、、なるほど。
「フレンチ・フィルム・ノワール」「アメリカン・フィルム・ノワール」「香港ノワール」に別けて説明していますが、少しずつ定義は違うようですね。

という事で、今回は香港ノワールです。

午後2時からの会場だったのですが、おじさま率高し!!!!!!っというかほとんどが一人でいらっしゃっているおじさまでした。なので、映画の開演時間までもすごく静か。。。独特な雰囲気でした。

黄秋生(アンソニー・ウォン)

呉鎮宇(フランシス・ン)

張家輝(ニック・チョン)

林雪(ラム・シュー)

張家輝(ロイ・チョン)

この5人が中心となって展開していくストーリー。ワタシはあまり香港映画には詳しくはないのですが、でも有名すぎる彼らですのでこの人たちが集まった映画が観れる!っというだけで興奮デシタ。そしてそして、本当にこの映画良かったです!!!
皆それそでれが濃厚にカッコ良く、すごく贅沢な映画でした。うぅかっこいい。。この映画、女性側から見てもかっこいいと思うのですが、実際は男性のほうがより影響されるカッコヨサなのではないでしょうか。映画館で観れてよかった。。。そんな風に思いました。

この映画ハリウッドでリメイクされるみたいデスネ。。。。。。そっか。
広東語が更にいい雰囲気をかもし出しているのになぁ。。そっか。ハリウッドか。

(インファナルアフェアのリメイク映画のようにはなって欲しくないデス)(毒)。

明日からは台北のコト、再度スタートです。

Banner_02

↑最近は寒いデスネ。。。小さくなってプルプルしてます。クリックして頂けたら嬉しいデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六號出口。

台北散策は続くとして、今日は映画の話しでも。。
ワタシは映画は新しいものを沢山、、というよりも同じものを何回も。。。のタイプです。同じのを何回も観ると、「あ、これはこういうコトか」とか「この場所は、、」など1回だけでは気付かない事にいろいろ気付いて、よりその映画を好きになれるからデス。

_0010361

六號出口

この映画はワタシが愛する台北・西門が舞台になっております。一度このブログでも書きましたが、西門へ行った事ある人なら「あ!ここわかる!」という場所が沢山使われておりマス。映画のストーリー以外にも、いろいろな事で楽しめる素敵な映画です。

彭于晏(エディ・ポン)さん。
ワタシはこの映画を観るまで、彼の作品を観た事がありませんでした。が、素敵デスネ。いつも爽やかなイメージの彼ですが、この映画のような感じも以外に似合っていたと思いマス。彼があの西門で撮影していたのね~と不思議な感じデス。撮影の合間に臭豆腐を食べていたとか、どこかで見ましたが臭豆腐食べれるんですね~。流石デス。

阮經天(イーサン・ルアン)さん。
彼は普段は短髪なのですが、この映画ではドレッド。それがまた物凄く似合ってマス。ワタシは普段の短髪より、こちらの髪型の方がいいと思っているのですが、どうでしょうか?

辰伶(チェン・リン)さん。
この映画でこの方を見た時「すっごい西門の人っぽい!」と思いました。黒のアイラインをびっしり入れたメイクの仕方とか、タトゥーが入っている所とか服装とか。。ワタシが密かに憧れるイメージデス。でもこの方なにが凄いって歌が凄いデス。声がものすごく綺麗で、みずみずしい声で素敵デス。

劉荷娜(ユ・ハナ)さん。
この方は逆に「あまり台北では見かけないタイプだなぁ」と思っていましたら、実際に韓国の方だそうですね。この方も辰伶さんとはタイプは違うけれど、とても素敵な方デシタ。

ストーリーは他の方の情報におまかせするとして、ワタシが一番興奮したのがココ。

_0010121_2

ココは初めて台湾へ行った時に、なんとなく気になってシャッターを押したのですが、まさかまさか映画で出てくるなんて。。。。感動デス。

_00101221

こうした方がっぽいですかね?

この映画を見て、改めて台湾へ行き、この場所へ着いた時改めて興奮しました。ココは西門の裏道のような所なのですが、このイラストがものすごく目立つので気になっていました。これを描いた方はこの映画を観られたのでしょうか?

ワタシは仕事上、自分の作ったものがオーナー様の手に渡り、たまにそのお店を撮られた方がブログで取り挙げているのを目にします。そういうのを見ると「わが子が育った姿を見ている」ような気持ちになりマス。自分の作品だったものが、一人歩きしているんだなぁっと。なので、このイラストを描いた方もそういう気持ちなのかもしれませんね。

ちなみにこの場所はココッ!!↓クリックすると大きくなりマス。

Map3

この映画又みたいのに、このDVDはワタシの持っているプレイヤーでは観れません。泣。いつか観れる日を楽しみに。。。

_00103981

Banner_02

↑今日は限り無く満月に近かったデス。調べてみると、今夜AM1:00頃が満月だとか。しかも今年最大!! クリックして頂けたら嬉しいデス。

| | コメント (2) | トラックバック (0)